わくわくクラブではWISC-Ⅳ検査を実施しています!

児童発達支援・放課後等デイサービスご利用の有無にかかわらず、
希望するお子さんにWISC-Ⅳ(ウィスク・フォー)検査を実施しています。
検査は、原則として各教室に常駐する指導員が担当します。
検査会場は新松戸校・新越谷校・本厚木校の3か所です。※令和2年7月現在

WISC-Ⅳ検査とは…

WISC-Ⅳ検査は、心理学者のウェクスラーが開発した、
世界中で使われている知能検査です。
WISC-Ⅳ検査で発達障害の診断をすることはできませんが、
お子さんの認知や行動性のバラつきを見るのに役に立ちます。たとえば、
言葉の理解力はあるか?絵を見て、何が描いてあるのか理解できるか?
暗記は得意か?作業スピードはどうなのか?などを個別に見ることができるのです。
それによって、お子さんの苦手な部分を明らかにし、
どうサポートをしていけばその子が生きやすくなるかを探っていきます。

WISC-Ⅳ検査でわかる4つの力

言語理解(VCI)


言語的な情報や
自分自身が持つ言語的な知識を
状況に合わせて応用する能力
(推理、理解及び概念化を用いる言語能力を評価)

知覚推理(PRI)


視覚的な情報を取り込み、
各部分を相互に関連づけて
全体としてまとめあげる能力
(知覚推理および知覚統合を評価)

ワーキングメモリ(WMI)


注意を持続させて、
聴覚的な情報を正確に取り込み、
記憶する能力(注意・集中および記憶力を評価)

処理速度(PSI)

視覚的な情報を事務的に数多く、
正確に処理していく能力
(認知処理および描写処理を評価)

 

WISC-Ⅳ検査を希望される方へ

検査の流れ

  1.お問い合わせ
  2.お申込み
  3.検査日程・場所の決定
  4.検査実施
  5.検査結果のご説明

検査費用

わくわくクラブで実施した場合:11,000円
外部施設で実施した場合:15,000円